FC2ブログ

花嫁和尚とバズーカ娘

Author:花嫁和尚とバズーカ娘
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖精(フェアリー)

2008/04/13(日) 06:16:04 [ファンタジー]

yousei
妖精と言えば・・・エルフやドワーフもあるんですが、
もう一つ外せないのが『小人』サンの方の妖精。

今パッと思いつくアニメだと『とんがり帽子のメモル』や『聖戦士ダンバイン』
漫画だったら『ベルセルク』の パック・・・でしょうか?
みんな主人公を手助けしてくれる可愛らしい存在です(。´ω`。)

ゲーム『ゼルダの伝説』だとHPを全回復してくれたり、
プレイヤーが操作にストレスを感じないようにゲームシステム自体にも
組み込まれてるとか・・・八面六臂の活躍っぷりです;?;

妖精は臆病で心が綺麗な人じゃないと、見えないそうです。
だから、まだ無垢な子供の方が見えやすいとか・・・
何かの本で読んだ覚えがあるんですが、それがホントなら
私には無理そうです;?;

私  『妖精さんは、どうして?人前には出て来ないの』

妖精 『妖精だけに、よーせぃ(要請)がないと出て来れないのよ;?;』

私  『マジっすか><』

妖精 『うっそぴょーん!』

私  『・・・冗談はよーせぃ!!!』


くだらない落ちで、お粗末でしたヾ(_ _。)ハンセイ…




スポンサーサイト

真夜中のエルフ

2008/03/27(木) 14:03:47 [ファンタジー]

真夜中のエルフとシルフ
前回モンスターを描いたので、なんとなく・・・流れで今回はエルフに。
今は映画化もされたので、『指輪物語・トールキン作』が
エルフやホビット、ドワーフが登場するファンタジーとして有名ですね。

私がエルフなどの妖精族が登場するファンタジー物に触れたのは二つ。一つは「ウィザードリィ」です。Apple II用ソフトでした。当時、幼い子にそんな高価な物を買える金も機会も無く
ただ、(アメリカにはスゴイPCゲームがある><いいなぁ?アップルいいなぁ)・・・と。

その内任天堂からファミコンが発売されて一躍大ヒット商品に!
そして各ゲームメーカーからオリジナルだけではない、アーケードゲームやPCゲームが、
移植される様になり、その中に「ウィザードリィ」があったのでした。
モンスターデザインはイラストレーターの『末見純』さん。この絵が、とにかくカッコよかった!
寝ても覚めてもず?っとウィズの事ばかり考えていたように思います。

そして、もう一つがパソコン雑誌のコンプティークに連載されていた『ロードス島戦記』です
RPGとかボードゲームって言葉がまだ浸透しない当時、雑誌の中でテーブルトークRPGを
やっていたと思います(ここら辺の記憶はちょっと あやふや ですけど。)
プレイヤーは与えられたキャラを演じて、ゲームマスターを相手にサイコロを振りながら
ストーリーや戦闘を進めていく・・・という形式で、その内容を記事にした読み物でした。
キャラクターデザインが『出渕裕 』さん。小説の挿絵のようになっていて綺麗で大好きな絵でした。

後にその世界観や設定が小説化されて、小説『ロードス島戦記 水野良 著』になるんですがこれにも随分はまった様に覚えています。
テーブルトークRPGの出演キャラで小説でもヒロインになったのが、
ハイエルフの娘 『ディードリット』
この種族、美男美女が殆どで 耳が長くて、人間より遥か長命で悠久の時を生きています。

エルフは弓が上手で風の妖精シルフと契約を結んでおり精霊魔法を使いこなす・・・、
魔法と言えば攻撃系の黒魔法。回復やサポートの白魔法。しか知らなかった頃に、
自然の精霊を使った精霊魔法は、とても斬新でした。

どうも私のエルフ観は『ウィザードリィ』と『ロードス島戦記』によって
100%作られているようです。このイラスト描きながら・・・改めてそう思いました。

門の番人。

2008/03/19(水) 20:55:51 [ファンタジー]

bannin
よくRPGのダンジョンや塔に居る門番について・・・。

次の階へ進んだり、宝箱がある部屋の前での『妨げ』として登場すると思います。
今までに遭遇したモンスターより若干強くて、
ここまで辿り着く経過で回復薬やヒール魔法などを使用してるので
戦闘は結構苦戦を強いられます・・・・

ところで、子供の頃にプレイしながら、思っていたこと。

彼らは(門番さん)ず――――っと同じ所に立ちっぱなしで居る訳ですよね。
(モンスターが見えてるタイプのRPGが分かり易いですね、接触すると戦闘に入る奴です)
プレイヤーが来て初めて自分の仕事に入れる役回りなのでゲームの中の事とはいえ、
大変なポジションだなと。

そのゲームをプレイヤーが購入して彼らの(門番さん)前に現れてくれないと、
一生日の目を見ない!と言う・・・

派手で台詞を喋りまくる最終ボスなどより、私は悲哀に満ちた彼らに存在感を感じていました。

門番って、ずっとサービス残業してるんでしょうか!?

だから、倒されると分かっていながらも『本音』は↑の様な気持ちではないのかなぁと・・・



| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。